知財学会の判例研究会(サポート要件)

2018年11月17日(土)に日本知財学会の第47回判例研究会に登壇します。

【日 時】 平成30年(2018年)11月17日(土)17:15~20:30
・第46回判例研究会 17:15~18:45
・第47回判例研究会 19:00~20:30
【場 所】 東京理科大学 理窓会会議室「PORTA神楽坂」7階第2会議室
https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
※地図3番の建物です ※各線飯田橋駅より徒歩1~3分
【参加費】 会員:無料 一般(非会員):1,000円/日 ※判決文はご持参ください

・第47回判例研究会 19:00~20:30
知財高判平成29年10月25日、平成28(行ケ)10189号
「光学ガラス事件」 裁判所HP

この判決の主な争点は、特許請求の範囲の記載要件(サポート要件)と明細書の記載要件(実施可能要件)ですが、サポート要件とクレームドラフティングの関係に関して、非常に参考になる判断がなされました。この判例研究会では、「偏光フイルムの製造法事件(平成17年(行ケ)第10042号)」の意義を確認しながら、サポート要件とクレームドラフティングの関係について検討する予定です。