ミニオン語の抗弁

ちょっと興味深い訴訟が提訴されたみたいなので、少し記載しておきます。

毎日新聞の報道(10/13(金) 10:30配信)によると、ミニオンの関連商品が商標権侵害で訴えられたそうです。

原告側が製造している男性用下着とUSJが販売しているミニオンのグッズ(上)=大阪市中央区で、幾島健太郎撮影(Yahoo!ニュースより)

おそらく問題となっている商標権は第5316480号登録商標(と第5163790号)でしょう。

上記報道によると、

USJ側は「BELLO」(ベロー)は「こんにちは」を意味するミニオン語だと説明し、字体も異なるため客の混同はなく、売り上げはミニオンの知名度によると反論。USJは取材に「詳しいことは裁判で説明する」としている。

とのことですが、注目したいのは「BELLO」はミニオン語で「こんにちは」を意味すると説明されている部分です。

「詳しいことは裁判で説明する」としているので推測となってしまうのですが、これは、「BELLO」はミニオン語で「こんにちは」を意味するので、『商標的使用』に該当しないとのことなのでしょう。架空の言語である「ミニオン語」というのを持ち出して、商標的使用に該当しないと主張するなんてことは、あまりにも斬新すぎると思うのです。

商標法26条1項6号にも、判断主体が「需要者」であることが明記されているのですから、たとえUSJ側が「こんにちは」の意味で「BELLO」を付したとしても、通常の需要者は「ミニオン語」を理解しないのだろうし、商標的使用に該当しないとの主張は無理があるように思います。

そもそも本件の場合、写真を見ると分かるように、男性用下着のゴムの部分に「BELLO」の文字が付させているので、ミニオンが発している挨拶であると理解することは難しいのではないでしょうか。むしろ、この部分には、ブランド名が付されていることの方が典型的なように思います。かつてはこれを持ち主の名前であると誤解したジョークもありましたが、このような誤解がジョークたり得るには「普通はブランド名だって思うでしょ?」という常識があるはずです。そういう意味でも、商標的使用に該当しないという主張はちょっと難しいのかなと思います。