かわさき知的財産スクールのお知らせ

弊所代表弁理士:野口明生は、平成30年度のかわさき知的財産スクールの講師を務めさせて頂くことになりました。この知的財産スクールは、川崎市の主催で毎年行われている知財スクールであり、あの「下町ロケット」で神谷弁護士のモデルとなった鮫島弁護士も講師として登壇します。参加費も無料ですので、ご興味がございましたら是非ともご参加ください。

川崎市では「川崎モデル」とも呼ばれる行政主体の知財活動が行われており、この「かわさき知的財産スクール」もその一環として毎年行われているものです。この知財スクールで、以下の内容で講演を致します。

  • 日時:  7月26日(木) 14時から16時
  • テーマ: オンリーワン企業がナンバーワン企業になるための標準化(JIS化)戦略
  • 内容:  標準化戦略は大企業のみの特権であると思っていないでしょうか?中小企業であっても、新市場創造型標準化制度を活用すれば、とがった(優れた)技術の標準化も可能です。本講座では、オープン・クローズ戦略に基づいた「特許」と「標準化」の関係を、事例を挙げながら解説します。

私の講座以外であっても、本ページから申し込みが可能になっておりますので、ぜひ活用ください。


・川崎駅から会場(川崎市産業振興会館)までの地図

この知財スクールは、数年前まで神奈川県立川崎図書館で開催されていたのですが、図書館の移転等に伴い、ここ数年は、川崎市産業振興会館で開催されています。川崎生まれ川崎育ちの私にとっては、県立川崎図書館も川崎市産業振興会館も非常になじみ深い施設です。とくに、川崎市産業振興会館に関しては、弁理士受験時代に勉強仲間と会議室を借りて共に勉強しあった思い出の場所です。

今回、弁理士となって知的財産スクールの講師を務めさせて頂くことは、私にとって「凱旋講演」と言えるかもしれません。非常に感慨深い思いがします。

さて、お申し込み方法ですが、このPDFの裏面を印刷の上、必要事項を記入して主催者にFAXまたはEメールをお送り頂くことになっておりますが、それらの作業はお手数だと思いますので、以下に、お申し込みフォームを作成させていただきました(主催者確認済)。

なお、下記フォームは主催者宛てに直接送信され、弊所には保管されないよう設定されていますので、送信後のお問い合わせ等は、直接主催者にお願いいたします。送信確認メールに返信すれば、主催者のメールアドレスに送信できるように設定されております。

申し込みフォーム

一人でも多くの方のご参加を心よりお待ちしております。